ちば県。の自転車三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS ロードバイクのサイズ その2

<<   作成日時 : 2010/03/30 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第2回目はクランクの長さです。

フレームに付いてるパーツで一番触らないパーツと言ってもよいのがクランクです。
取り外しには特殊工具が必要なため、素人の方はあまり触らないと思いますが、ポジションを出すにはかなり重要なパーツになります。
今回はクランクの長さについて説明します。

よくクランク長は「身長の1/10」なんて事を見たり聞いたりすると思います。
(身長170cmの人は170mmのクランクが良いとか、そんな感じ)
この定義だと私は身長が177cmなのでクランクは175mm~180mmがベストって事になりますが、実際、そうではありません。
ロードは172.5mm、MTBは175mmのクランクが付いていますが、どちらも「少し長い」という感想です。

大雑把な数値ですが個人的には「(身長の1/10)-5mm」が大体合ってるのではないかと思います。
ex1:(身長177cm/10)-5mm = 177mm-5mm = 172mm(170mm or 172.5mm)
ex2:(身長170cm/10)-5mm = 170mm-5mm = 165mm(165mm or 167.5mm)

またリカンベントではいわゆる「立ちこぎ」が出来ないので、セッティングは回転系寄りにすべきです。
目安としては上記数値から更に5mmを引いた数値くらいが適当だと思います。
比較的、脚力の無い方も同様に短めのクランクが良いでしょう。

なお、正確にクランク長を出すには、こちらの計算機を使う事と簡単です。

そこの説明にも「身長によってクランク長を決めることは適切でない」と書いてあるとおり、実際には「正確な脚長寸法」によりクランク長は決められるべきです。
しかし、オーダーでも無い限りクランクは大体170mmが付いてきます。
問題なのは「クランク長が正しくなくても自転車には乗れる」ということ。
個人の体格の差は有れど、身長165cmの人が完成車に付いている170mmのクランクで軽快に走れるかは甚だ疑問です。

女性や背の低い方で、長距離を走るとしんどいと思われる方は一度、クランク長を見直してみると良いかもです。

次回はステムとシートピラーの説明です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ロードバイクのサイズ その2 ちば県。の自転車三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる