ちば県。の自転車三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の新世界国際劇場

<<   作成日時 : 2011/02/28 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

KiSS & KiLL(キス アンド キル)★★

キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー主演のスパイ・コメディ。
すいません、二人共全然知りませんでした・・・orz

両親と共に南フランスに旅行にやってきたジェン(キャサリン・ハイグル)はそこで出会ったスペンサー(アシュトン・カッチャー)に一目惚れ。
やがて二人は結婚するのだが、組織を抜けたスペンサーを追って殺し屋が現れ、二人は命を狙われる羽目に、てな内容。

テイストはトム・クルーズ、キャメロン・ディアス主演のKNIGHT AND DAY(ナイト アンド デイ)に近いですが、本作品の方がよりラブコメ要素が強いです。
両作品を見比べると良く分かるのですが、やはりKNIGHT AND DAYの方が"かなり"お金がかかってますわw
まぁ限られた予算の中でよくやってるなぁとは思いますが、これだけテイストが近いとどうしても比べちゃうんですよね〜

両作品共に主演女優のセリフや仕草がとても可愛らしいのが印象的。
こういうのってやっぱり日本人には無理なんだろうなぁ〜とか思ったり。

見て損は無いと思いますが、やはり二番煎じ感は否めないので★★
ラブコメ好きの方にはお勧めです。

クロッシング★★★

退職間近のベテラン警官、家族思いの麻薬捜査官、死に怯える潜入捜査官。
3人の警察官のそれぞれの思いが一つの事件で交錯する。
その結末は?てな内容。

これはなかなか面白いですよ。
全く接点の無い3人の警官がその一つの事件(の現場)に居合わせる。
ただそれだけなんです。
お互いが助け合うとか干渉し合うとかそんなの無いんです。
3人のストーリーは最後までかみ合う事はありません。
しかしその(事件の)結末は当然一つになるわけです。

一つの事件を多角的に見るというのでは以前「バンテージ・ポイント」という映画を紹介しましたが、その映画は「一つの事件を複数(人)の観点から見る」というもので、全員が同じ事件を体験をするというものでした。
しかし本作品は「あくまでも別々の事件を追っている警官が、たまたま同じ現場に居合わせる」というもの。
似ている様で全く違った造りです。

それぞれの正義を貫こうとした結果がラストに描かれています。
三人三様の生き様とその結末は色々と考えさせられます。

あまり派手な映画ではありませんが、正統派サスペンスとしてお勧めですね。
主役ではありませんが、スナイプス兄貴が出てるのもポイント高いですわ。

★:見る価値無し
★★:レンタルビデオ推奨
★★★:とりあえず見とけ!
★★★★:映画館で見てない人は負け組み

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今週の新世界国際劇場 ちば県。の自転車三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる