ちば県。の自転車三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS 続々Tartaruga20インチ化の問題点(検証)

<<   作成日時 : 2013/05/19 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、20inch化の際に後輪が右側にズレている事が判明した私のTartaruga(タルタルーガ)ですが、実際にどれくらいずれているのかを測るためオリジナルのホイールを仮組みしてみました。

仮組みなんでギアもタイヤも付いていませんが・・・あれ?
画像
オリジナルのホイールも右側にズレている気がするんですけど・・・
画像
実際にノギスで測ってみましょう。

ホイールをクイックで完全に固定してからノギスがリム面に水平に当たる様にして測ってみます。
画像
目測で右側は37.06mmってところですか。
画像
さて、左側は・・・
画像
45.48mm・・・orz
画像
その差は8.42mmって事になりますのでセンターからのズレは凡そ4.2mmという事になります。
マジかよ・・・
元々マラソンを履いていたのでタイヤの太さで誤魔化されていたのもありますけど、単純に盲点というか気にしてなかったですよ。

今度は先日インストールした手組みホイールを装着して再度、計測してみます。
こっちはタイヤを履いているため、先程のやり方が出来ませんので、デプスバー(真ん中の棒ね)を使ってスイングアームからの距離を測ります。
リムのブレーキ面のインジケーター(リムサイドの凹み)辺りで測ってみます。
右側のこの位置でノギスを固定して、
画像
左側の同じくらい場所にあててみると・・・
画像
やっぱりズレてますやんorz
先程オリジナルのホイールで算出した4~5mm程、左側が遠いのが分かりますね。
残念!!

少し気持ち悪いですが、センターの出ているホイールを4mmもずらすなんて事は不可能なので、スポークが切れるまでこのままで行く事にします。
問題はタイヤの偏磨耗ですね。
今まではマラソンを履いていたので気にもしませんでしたが、現在はステルビオなんで偏磨耗は十分に考えられます。
他の自転車に履かせているもう少しコンパウンドの硬いタイヤと交換するとか、小まめにタイヤをチェックしてローテーションするとか。
そんな感じで対応するしかないでしょうね〜

【注意】
私のTartarugaはスイングアームを20inch用のものと交換したのではなく、初めから後輪が20inchの個体になります。(海外仕様?)
ですからメーカー純正オプションとして発売された20inch用スイングアームをインストールされている方はこの限りではありません。
また知人のオリジナル(18inch仕様)を見た限りでは、特にズレは見受けられませんでした。(未計測)
無いとは思いますが、同様の状態の個体が存在したとしても、この記事に関するご質問には一切お答え出来ませんのでご了承下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これはひどいですね!
まったく気付きませんでした。
当時この仕様で数台作ってるはずなのでそれも同じ可能性がありそうですね。
ロングするマシンじゃないので気にしなければいいのでしょうが、気持ち悪いですよね。
知らなかったとは言え粗悪品を譲ってしまった形になり申し訳なかったですね。
やまおか
2013/05/21 01:42
やまおかさん
ご心配おかけしまして申し訳ありません。
しかしこれは相当細かく見ないとなかなか気づかないと思いますよ。
仰るとおり問題は当時のロット全てにこの症状があるかどうかですよね。
粗悪品とは思っていませんし(タルタルは)コレぐらいは誤差の範囲だと思ってますんで、今後も楽しんでセッティングして行きますよ。
ちば県。
2013/05/21 21:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
続々Tartaruga20インチ化の問題点(検証) ちば県。の自転車三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる