ちば県。の自転車三昧

アクセスカウンタ

zoom RSS フッテージ

<<   作成日時 : 2013/06/01 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フッテージ★★★

デイブレイカーのイーサン・ホーク主演のオカルト映画。
製作はパラノーマル・アクティビティのジェイソン・ブラム、監督はエミリー・ローズのスコット・デリクソンです。

タイトルのfootageとは映画や場面といった意味だそうです。

エリソン・オズワルド(イーサン・ホーク)はノンフィクション作家。
ある事件の真相を解明・執筆するために妻と二人の子供と一緒に、とある一軒家に越してきた。
その家はかつて一家四人が惨殺され、娘が一人行方不明になった事件の舞台となった家だったのだ。
エリソンは引越しの際に屋根裏部屋に8mmフィルムと映写機の入った箱を見つける。
その8mmフィルムにはこの家で起こった殺人シーンが記録されていたのである。
犯人は?そして行方不明になった娘は?てな内容。

これはね、怖いです。
パラノーマル・アクティビティよりも怖いですよ。
PG12になってますがPG15でもいいくらい。

予告編もサイトもノーチェックで、たまたま映画の日って事で近くの映画館でやったんで見に行ったんですけど、恐怖映画としては久しぶりにハマった感じです。
初めはサイコスリラーか宗教系のホラーかと思ってたんですけど、むしろ古典的なオカルトでした。
映像も衝撃的シーンが多いのですが、大きな音で驚かす所謂「ドッキリ系」の要素も多かった気がします。

そもそもイーサン・ホーク自体、上記のデイブレイカーしか見た事がないですし特段、好きな俳優って訳でもないんですけど、この映画の役どころはバッチリハマってた感じですよ。
パラノーマル〜に関しても、私は世間で騒がれた程には評価していないんですけど、この映画はおすすめ。
ビックリドッキリ系の要素を含んだ正統派?オカルト映画。
昭和の恐怖映画ファンなら誰でも納得出来るんじゃないですかね?
(但し、私はB級映画ファンですw)

★:見る価値無し
★★:レンタルビデオ推奨
★★★:とりあえず見とけ!
★★★★:映画館で見てない人は負け組み

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
フッテージ ちば県。の自転車三昧/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる